ニュース
» 2008年04月17日 15時53分 UPDATE

YouTube、人気動画の投稿者に広告収入還元 日本でもスタート

YouTubeで人気が高いオリジナル動画の投稿者に広告収入を還元するプログラムが日本でも始まった。

[ITmedia]
画像 パートナーのページ

 グーグルは4月17日、動画共有サイト「YouTube」で、人気が高いオリジナル動画の投稿者に広告収入を得られる機会を提供する「YouTubeパートナープログラム」の申し込み受け付けを始めた。

 著作権を侵害していない動画を定期的にアップロードし、再生回数が一定以上――など条件を満たす人気ユーザーを「パートナー」に認定。認定されれば、動画ページの右脇にバナー広告か動画広告を表示でき、広告収入の50%以上をもらえる。

 自分のページを自由にカスタマイズすることも可能。パートナーのページは、YouTubeの「パートナーチャンネル」で紹介される。

 サイトの申し込みフォームに、名前やパートナープログラムの参加理由、これまでに投稿した動画の数やカテゴリー、投稿頻度などを入力すると、応募できる。

 同プログラムは、昨年米国で始めた

関連キーワード

広告 | 動画共有サービス | YouTube


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -