ニュース
» 2008年04月23日 08時32分 UPDATE

ICQに深刻な脆弱性、アップデートで対処

ICQの「パーソナルステータスマネジャー」機能に脆弱性が存在する。

[ITmedia]

 インスタントメッセージング(IM)ソフトウェアのICQに深刻な脆弱性が見つかり、問題を修正したアップデート版のICQ 6.0.0.6059が公開された。

 US-CERTやセキュリティ企業Secuniaの情報によると、ICQの「パーソナルステータスマネジャー」機能に問題があるという。細工をしたステータスメッセージを処理すると、ヒープバッファオーバーフローが発生する。

 脆弱性はバージョン6のビルド6043で報告され、悪用されると攻撃者が任意のコードを遠隔から実行したり、サービス妨害(DoS)状態を誘発したりすることが可能となる。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -