ニュース
» 2008年04月23日 09時42分 UPDATE

三井住友銀の新営業店端末、NECと沖電気が共同開発

三井住友銀行は、新営業店端末をNEC、沖電気工業と共同開発した。約200億円を投じて国内全店に計7000台を導入する。

[ITmedia]

 三井住友銀行は、新営業店端末をNEC、沖電気工業と共同開発した。約200億円を投じ、2008年度中に国内全約460店へ合計約7000台の導入を進める計画だ。

photo 新営業端末「CUTE」

 大規模基幹システムの構築で実績があるNECと、金融機関向け営業店システム大手の沖電気を共同開発パートナーとして選定した。

 新端末への切り替えで、事務処理のペーパーレス化や、事務処理と顧客対応を同時に行える新アプリケーション画面などを順次導入。事務の効率化と顧客の利便性を向上させる。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -