ITmedia NEWS > セキュリティ >
ニュース
» 2008年04月23日 14時43分 UPDATE

Webベースの攻撃が大幅に増加 Sophos四半期報告書

1日平均1万5000ページ以上の感染Webページが見つかり、その8割近くはハッキングされた正規サイトだった。

[ITmedia]

 セキュリティ企業の英Sophosは4月21日、2008年1〜3月期のサイバー犯罪報告書を発表し、Webベースの攻撃が前年より激増したと伝えた。

 1〜3月期中に新たな感染が見つかったWebページは1日平均1万5000ページ以上。感染したWebページが5秒ごとに発見・遮断されている計算になり、前年の14秒ごとに比べて頻度が大幅に増えた。感染したWebページの79%はハッキングされた正規サイトだった。

 Sophosがネット上で発見したマルウェアは、Webサイトの脆弱性を突いて仕掛けられた「Mal/Iframe」「Mal/ObfJS」が半数以上を占めている。同社は、ネットワーク防御の対策をすることを企業に促している。

 感染したWebページの42%は米国でホスティングされており、25%足らずだった前年に比べて大幅に増加した。一方、前年は感染ページの半数以上を占めていた中国は30.1%に減った。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.