ニュース
» 2008年04月23日 15時47分 UPDATE

総務省のサイトがリニューアル カスタマイズやタブ切り替え機能も

総務省のサイトがリニューアルし、ユーザーがレイアウトを変更したり、メニューをタブで切り替えられるようになった。サイトが使いづらいというユーザーの声に応えた。

[ITmedia]
画像 新トップページ

 総務省はこのほど、同省のサイトのトップページのデザインをリニューアルした。タブ切り替えや、ドラッグ&ドロップでレイアウトを変更する機能、あらかじめよく見るページを登録しておいてトップページで表示する機能――などを追加し、ユーザーが自由にカスタマイズできるようにした。

 3カラム構造を採用した。中央には「新着情報」「政策」「重要なお知らせ」を掲載し、ドラッグ&ドロップで好きな順番に並び替えられるようにした。新着情報や政策は、情報のジャンルごとにタブで切り替える機能も備えた。

 左カラムでは、よく見る総務省のページへのリンクを最大10個まで表示させられる「マイリンク」や「フォトギャラリー」、時計などを掲載。左カラムにはメニューの一覧を表示する。左右のメニューをワンクリックで入れ替えることも可能だ。

 探している情報がサイトのどこに掲載されているか分かりづらく、使いづらい――といった声がユーザーから寄せられていたため、リニューアルした。ユーザーがレイアウトを変えたり、表示するメニューを選んだり、タブで切り替える機能の搭載は、中央省庁のサイトで初という。

関連キーワード

総務省 | タブ | カスタマイズ


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -