ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2008年04月24日 10時24分 UPDATE

セルフレジを親しみやすく 富士通、イオンから受注

富士通がイオンからセルフレジを受注。キャラクターイラストを採用するなどして親しみやすくした。

[ITmedia]
photo

 富士通は4月23日、イオンからセルフレジを50セット受注したと発表した。キャラクターイラストを採用するなどして子どもから大人まで親しみやすくしたという。ジャスコ店舗に順次展開し、2010年度までに200セットが導入される予定。

 富士通の「セルフチェックアウトシステム」をイオン向けにカスタマイズ。買い物客が操作するレジ画面にキャラクターを採用するなどしたほか、イオンの電子マネー「WAON」に対応した。4月に2店舗、6月に3店舗への導入を予定している。

 富士通は同システムを2004年から国内で提供している。イオンは2003年からセルフレジの導入を進め、精算手段の複数化を進めている。

関連キーワード

富士通 | イラスト | WAON


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.