ニュース
» 2008年04月25日 13時06分 UPDATE

ソニー・SamsungのS-LCD、第8世代液晶新ライン 2000億円投資

ソニーと韓国Samsungの液晶パネル合弁S-LCDは、第8世代パネルの新ラインを2000億円を投じて敷設する。

[ITmedia]

 ソニーと韓国Samsung Electronicsは4月25日、液晶パネル合弁会社のS-LCDで、第8世代(約2200×約2500ミリ)パネルの新ラインを敷設する契約を結んだと発表した。

 2000億円を投じ、2009年第2四半期(4〜6月)中の稼働を目指す。稼働当初の生産規模はガラス基板ベースで6万枚。

 S-LCDのパネル生産は、05年4月に稼働開始した第7世代(1870×2200ミリ)と、07年8月に新設した第8世代の2ラインで、現在、第7世代を月産10万枚、第8世代を同5万枚を生産している。

 ソニーはシャープの液晶新工場に出資して液晶パネルの安定調達を図ると発表しており、S-LCDの動向が注目されていた(関連記事:ソニー、シャープと液晶共同生産 堺新工場に出資)。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -