ニュース
» 2008年04月25日 14時33分 UPDATE

LEDボタンで弾く“手乗り楽器” ヤマハ「TENORI-ON」発売

誰でも直感的に演奏できる21世紀の電子楽器――ヤマハは、LEDボタンを指で押して演奏するポータブル楽器「TENORI-ON」を発売する。256個のLEDボタンを押してさまざまな音色を演奏できる。

[ITmedia]

 ヤマハは4月25日、LEDボタンを指で押して直感的に演奏できるポータブル電子楽器「TENORI-ON」(テノリオン)を、5月12日に発売すると発表した。20センチ四方のボディに256個のLEDボタンを敷き詰め、ボタンを押してさまざまな音色を自由に演奏・録音できる。「音楽の知識がなくても誰でも視覚的・直感的に演奏できる21世紀の音楽インタフェース」としている。Webサイト限定販売で、12万1000円。


画像
画像

 正方形のマグネシウム合金フレームの内側に、白色LEDを内蔵したボタンを縦16個×横16個配置した。256種の音色(AWM音源)から音色を選んでボタンを押すと、LEDが光って音が鳴る。ボタンは垂直方向で音階を、水平方向で音階の演奏順を指定できる。

 6つの演奏モードを備え、長押しで音階を自動演奏させる――といったことが可能。発音の長さ、スピード、テンポ、音量なども自由に調節できる。

 ステレオスピーカーを内蔵したほか、ヘッドフォン端子、MIDIインタフェース、SDメモリーカードスロットを備え、演奏を保存できる。

 シーケンサーを内蔵し、他のMIDI楽器と連動した演奏も可能。サンプリング音源にも対応し、音色データ(WAVEかAIFF)を、SDカード経由で読み込んで発音させることができる。

 単三乾電池×6本で駆動する。サイズは205(幅)×205(高さ)×32(厚さ)ミリで重さは約700グラム(乾電池含まず)。ボディはマグネシウム合金製で、国内の職人が手作業で磨き上げている。

 2002年にメディアアーティストの岩井俊雄さんと共同で開発を始め、試作品を見本市などに出品してきたほか、DJやミュージシャンにテストを依頼しながら改良を重ねてきた。07年9月にイギリス国内限定でテスト販売。YouTubeなどに演奏動画が投稿されている。

 開発ブログを06年から更新しているほか、MySpaceでは演奏動画などを紹介している。

関連キーワード

LED | 楽器 | ヤマハ | MIDI


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -