ニュース
» 2008年04月28日 17時19分 UPDATE

屋久杉やモアイ像をHDで ソニービルで「世界遺産」イベント

「BRAVIA」で屋久島のHD映像を見たり、レゴで作ったモアイ像をHDビデオカメラで撮影したり――銀座のソニービルで、世界遺産をテーマにしたソニー製品の体験イベントが開かれている。

[宮本真希,ITmedia]
画像 手前はレゴで作ったモンサンミッシェル。後ろの「BRAVIA」(70V型)では、テレビ番組「世界遺産」を流す

 「BRAVIA」で屋久島のHD映像を楽しんだり、レゴブロックで再現したモアイ像をHDビデオカメラで撮影したり――東京・銀座のソニービルで、世界遺産をテーマにしたソニー製品の体験イベント「ソニーで出会う『世界遺産』展」が開かれている。無料で参加でき、5月25日まで。


画像 ソニービルの壁面には原寸大の縄文杉の写真

 同社が提供するテレビ番組「THE 世界遺産」(TBS系列、日曜午後6時〜)と連動した企画で、ソニーのHDビデオカメラ「HDR-SR12」で撮影した屋久島の映像を、液晶テレビ「BRAVIA」や有機ELテレビ「XEL-1」で視聴できる。ショールームには同社のリニアPCMレコーダーで録音した屋久島の鳥のさえずりや川のせせらぎの音も流す。

 冒険家・写真家の石川直樹さんが撮影した写真も展示。ソニービルの壁面には、屋久島の縄文杉(高さ25.3メートル、直径5.1メートル)の原寸大の写真を飾った。

 家族連れにも楽しんでもらおうと、世界遺産をレゴブロックで再現したオブジェも展示した。「モンサンミッシェル」「金閣寺」「モアイ像」「ピサのドゥオモ広場」の4つで、来場者は、デジタル一眼レフカメラ「α350」やHDビジョンカメラ「ハンディカム HDR-TG1」を借りてオブジェを撮影できる。


画像 モンサンミッシェルには6800ピース使っている
画像 モアイ像(4500ピース)とピサのドゥオモ広場(2200ピース)。モアイ像は緑や茶色のブロックを使い、こけが浸食している様子や染み出した鉄分を表現した
画像 ピサの斜塔は本物(55メートル)の60分の1


画像 金閣寺
画像 デジタル一眼レフカメラで撮影
画像 有機ELテレビ「XEL-1」

画像 写真家の石川直樹さんの写真も展示。床には屋久島をイメージした落ち葉が

 200型のスクリーンを備えたイベントスペース「OPUS」では、テレビ番組「THE 世界遺産」を放映する。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -