ニュース
» 2008年04月30日 11時49分 UPDATE

Windows XP SP3、ダウンロード提供が延期

「Dynamics Retail Management System」との互換性問題が原因で、Microsoftはフィックスをテスト中だ。

[ITmedia]

 Microsoftは延期の理由を、XP SP3およびWindows Vista SP1とPOSシステム「Microsoft Dynamics Retail Management System(RMS)」との間に互換性の問題が見つかったためとしている。同社は対策として、Dynamics RMS搭載システムにこれらのサービスパックが配布されないよう、一時的にWindows Updateでフィルタリングを実施する。フィルタリングが開始されたら、XP SP3のダウンロード提供を開始するという。

 また同社はこの問題を修正するフィックスをテスト中で、テスト完了後にフィックスをリリースする。Dynamics RMS利用者がこのフィックスを適用すると、サービスパックをインストールできるようになる。

 MicrosoftはDynamics RMSの顧客に対し、フィックスが提供されるまではXP SP3とVista SP1をインストールしないよう勧めている。

 XP SP3は4月21日にRTM(製造工程向けリリース)が始まり、PCメーカーおよび企業顧客向けに出荷中。Windows Vista SP1は先月リリースされ、段階的に自動配布を進めているところだった。

関連キーワード

Windows | Microsoft | Windows XP | サービスパック


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -