ニュース
» 2008年05月12日 17時59分 UPDATE

XP SP3インストールで再起動繰り返す不具合 非Intel機の一部で

Windows XP SP3をインストールした一部のマシンで、再起動を繰り返す不具合が報告されている。非Intel製チップセットを搭載したごく限られた数のPCで起きる可能性があるという。

[ITmedia]

 マイクロソフトは5月12日、Windows XP Service Pack 3(SP3)をインストールした一部のマシンで、再起動を繰り返す不具合が報告されていると明らかにした。非Intel製チップセットを搭載した「ごく限られた数」(同社広報部)のPCで起きる可能性があるという。

 同社広報部によると、不具合が起きるのは、PCのOEMベンダーが、IntelベースのPCで作ったXPのイメージファイルを、Intelベースではないチップセットを搭載したPCにインストールしていた場合。

 同社は2004年の段階で、チップセットが異なるマシン同士でOSのイメージファイルを共有しないよう呼び掛けていたという。

 不具合が起きた場合は、同社サポートセンターに相談するよう呼び掛けている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -