ニュース
» 2008年05月14日 13時44分 UPDATE

「ダビング10」延期濃厚 Dpa「対応を協議中」

デジタル放送番組の新録画ルール「ダビング10」の開始が、予定の6月2日から延期される可能性が濃厚に。デジタル放送推進協会(Dpa)は「対応を協議中」としている。

[ITmedia]

 デジタル放送番組の新録画ルール「ダビング10」の開始が、予定していた6月2日から延期される可能性が濃厚になってきた。開始に向けて準備を進めていたデジタル放送推進協会(Dpa)は「対応を協議中」としている。

 ダビング10は、「コピー9回+ムーブ1回」を認める新録画ルール。録画したものを複製できない現行の「コピーワンス」に代わるルールとして提案されていた。

 だが、著作権者団体などが「私的録音録画補償金制度が維持されない限り、ダビング10は受け入れられない」と主張。5月8日の文化審議会著作権分科会(文化庁長官の諮問機関)の会合で、補償金制度の撤廃を求めていた電子情報技術産業協会(JEITA)などメーカー側と意見が折り合わなかった(関連記事:文化庁「iPod課金=補償金拡大ではない」 JEITAと対立)。

 5月13日に行われた情報通信審議会(総務大臣の諮問機関)でも、ダビング10の開始について著作権者側とメーカー側の委員間で合意形成できず、予定通りの開始が難しい情勢となった。

 Dpaは「ダビング10を6月2日にスタートする」と発表していたが、「予定通りの開始が難しくなっており、対応を協議中。対応が決まればWebサイトなどで公表する」としている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -