ニュース
» 2008年05月21日 17時28分 UPDATE

ねとらぼ:米WIREDに「やる夫」の特大AA掲載 ひろゆき氏インタビューも

米国のWebメディア「WIRED」に、「やる夫」「モナー」などAAを特大の画像付きで紹介した記事と、ひろゆき氏のインタビュー記事が掲載され、ネットで話題になっている。

[ITmedia]

 米国のWebメディア「WIRED」に、日本のアスキーアート(AA)を紹介する記事と、2ちゃんねる管理人・西村博之(ひろゆき)氏のインタビュー記事がそれぞれ5月19日に掲載された。

 AA紹介記事は「モナー」や「やる夫」などを幅580ピクセルの大きな画像で紹介。ひろゆき氏のインタビューは約3000ワードにわたる長文で、「ニコニコ動画」との関わりを中心にレポートしている。


画像 やる夫を特大画像で紹介
画像 ひろゆき氏インタビューにはひろゆき氏のAAを掲載

 AA紹介記事「Art and ASCII: The Stories Behind All Those Brackets, Slashes, and Carets」(芸術とアスキー:カッコやスラッシュ、記号の背景にあるストーリー)には、「モナー」や「やる夫」など12種類が登場。モナーの解説文では「のまネコ騒動」にも言及。やる夫の解説文には「『やる夫と学ぶ』シリーズを多くのユーザーが作成している」などと書かれている。

 ひろゆき氏のインタビュー「Meet Hiroyuki Nishimura, the Bad Boy of the Japanese Internet」(日本のインターネットの悪ガキ、西村博之に会う)は、「ひろゆき氏が待ち合わせに45分遅刻してきた」というシーンで始まる長文記事。「ニコニコ動画」についてのほか、ひろゆき氏の人柄や「2ちゃんねる」との関わりなどを詳細に伝えている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -