ニュース
» 2008年05月27日 14時25分 UPDATE

Intel、「Centrino 2」にSSDをバンドルか

Intelが来月リリースのノートPC向けプラットフォーム「Centrino 2」に、80GバイトSSDを加えると伝えられている。

[Scott Ferguson,eWEEK]
eWEEK

 米Intelが、6月後半に登場予定の新しいノートPC向けプラットフォーム「Centrino 2」にSSD技術をバンドルすることを考えていると報じられている。

 同社はまず、2008年第3四半期までにCentrino 2(コードネーム「Montevina」)に80GバイトのSATAインタフェースSSDを加え、その後160Gバイト版と250Gバイト版を加えると、Digitimesが5月23日に伝えた。

 今年はノートPC差別化の手段としてSSDに目を向けるPCベンダーがますます増えている。AppleLenovoは同じくらいの時期に、新しいノートPCにSSDを搭載すると発表した。SSDは、バッテリー駆動時間が延び、ノートPCが軽くなり可搬性が高まるなど、ユーザーに多くのメリットがある。

 Intelの広報担当者は「うわさや憶測にはコメントしない」としてこの報道に関するコメントを避けた。

 しかしIntelは以前からSSD技術への関心を示しており、またNAND型フラッシュメモリを製造するか、あるいは自社のPCプラットフォームに他社技術を取り込むことが可能だ。

 Intelは12月に、「Z-P140 PATA(Parallel Advanced Technology Attachment)SSD」を発表した。これはモバイルインターネットデバイス(MID)向けの新しいプラットフォーム「Centrino Atom」に組み込まれる予定だ。Z-P140は初め、2Gバイト版と4Gバイト版が登場し、その後2008年末までに16Gバイトに容量が拡大される。

 Endpoint Technologies Associatesのアナリスト、ロジャー・ケイ氏は、Intelは確かに、モバイルプラットフォームにSSDをバンドルして、新世代ノートPCにSSDオプションを加えたいベンダーにとって魅力的なパッケージを作り出せると語る。

 おそらくIntelは、OEMパートナー、さらにはホワイトボックスPCベンダー向けの参照設計を作成し、同社のプロセッサ、チップセットとSSDを搭載したノートPCを構築するための仕様を提供するだろう。

SSD値下がりへの期待

 SSDの採用には静音化や省電力化、発熱量の減少、ブート高速化など多くのメリットがあるが、NAND型メモリの価格が重要な要因となる。現時点では64GバイトSSDを搭載すると、ノートPCのコストが800〜1000ドル上乗せされる可能性があるが、ケイ氏はSSD価格は年間50%のペースで下がり続けると確信している。そうなればSSDの魅力は高まり、Intelには自社プラットフォームでのSSD採用を本格的に検討する理由ができる。

 「人々のSSDに対する見方は、1000ドル上乗せして128Gバイト手に入るなら、メインシステムとして使うには十分だというものだ」とケイ氏。「64Gバイトだと、ほとんどの人には少々きつい。128Gバイトならいいが、それでも1000ドル(以上)する。だが2010年には500ドルで128Gバイトが手に入る。リーズナブルなプラットフォームに思えてくるだろう」

 Intelが6月にCentrino 2を立ち上げる際には、すべての主要PCメーカーが同プラットフォームを採用したノートPCを提供する見込みだ。同プラットフォームはIntelの45nm(ナノメートル)プロセッサと、WiMAXとWi-Fi技術を1つのチップに統合した新技術「Eco Peak」を搭載する。

 IntelはCentrino 2プラットフォームでデュアルコアプロセッサを提供し、その後2008年末にクアッドコアプロセッサに移行する。2009年には、「Calpella」のコードネームで呼ばれる新しいプラットフォームを投入する。

 米AMDは6月初旬にノートPC向けの新プラットフォーム「Puma」をリリースする見込みだ。

関連キーワード

SSD | Atom | Intel | Centrino | フラッシュメモリ


原文へのリンク

Editorial items that were originally published in the U.S. Edition of “eWEEK” are the copyrighted property of Ziff Davis Enterprise Inc. Copyright (c) 2011. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -