ニュース
» 2008年06月02日 16時54分 UPDATE

MS、Windows版Safariのセキュリティ問題を調査

SafariがインストールされたWindows XPおよびVistaで、リモートコード実行を可能にする複合的な脅威が報告されている。

[ITmedia]

 米Microsoftは5月30日、米AppleのSafariブラウザのWindows版でセキュリティ上の問題が見つかったと警告を発した。

 米Microsoftのアドバイザリーによると、SafariがインストールされたWindows XPおよびVistaでリモートコード実行を可能にする複合的な脅威が報告されている。同社はAppleと協力してこの問題を調査中で、同社が把握している限りでは、この問題を悪用した攻撃はまだないという。

 Microsoftは調査が完了次第、サービスパック、月例アップデート、あるいは臨時パッチなどの対応を取るとしている。同社はフィックスが提供されるまではSafariの使用を控えるよう勧めている。あるいは、Safariのデフォルトのコンテンツのダウンロード先を、ローカルドライブのデスクトップ以外の場所に設定しておくと、この問題の影響を受けないとしている。

関連キーワード

Safari | Microsoft | Windows | Apple | セキュリティ


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -