ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2008年06月04日 18時59分 UPDATE

Q&Aで次世代検索を――「MSN相談箱」がリニューアル

Q&Aサイト「MSN相談箱」がリニューアルし、MSNトップページやLive Messengerから検索できるようになった。Q&Aのデータベースを充実させ、次世代検索サービスにいかす計画だ。

[宮本真希,ITmedia]
画像 MSN相談箱

 マイクロソフト(MS)は6月4日、Q&Aサイト「MSN相談箱」をリニューアルし、ポータル「MSN」のトップページや「Live Messenger」からも相談箱を検索できるようにした。Q&Aのデータベースを充実させ、次世代検索サービスにいかす計画だ。

 MSN相談箱は、Q&Aサイト「OKWave」と連携して提供しているサービス。Windows Live IDでログインすると、悩みや疑問を投稿したり、投稿された質問に回答することができる。現在までに合計約1500万件の質問・回答が投稿されている。

画像 相談ちゃん

 新たにLive MessengerやMSNのトップページから相談箱を検索できるようにした。

 Live Messengerの自動応答システム「Live Agents」に「相談ちゃん」を追加。相談ちゃんのIDをLive Mssengerに追加し、キーワードを入力すると、相談箱の検索結果を返してくれる。

 相談箱のトップページには、閲覧数の多いQ&Aランキングや、スタッフのおすすめQ&Aを紹介するコーナーを新設。検索エンジン「Live Search」を使ったWeb検索も、相談箱からできるようになった。

「知識を横串で刺したような検索を」――MSにとっての次世代検索とは

 リニューアルによってQ&Aを投稿しやすくし、相談箱のデータベースを拡充。ユーザーから集めた知識を検索できる次世代検索サービスの提供を目指すという。

 単にサイトのURLを検索結果として表示するのではなく、ユーザーが求めている“アンサー”を返す検索エンジン構築が目標。「Q&Aサイトは悩み相談に使われることが多いが、相談箱では知識コンテンツを充実させたい」(同社プロダクトマネージメントグループの浅川秀治シニアディレクター)

 同社の笹本裕オンラインサービス事業部長は「検索はまだ幼年期。今後は、地図や画像の検索だけでなく、知識を横串で刺したような“知”の検索が重要になってくる」と話す。

 米Microsoftが、OKWaveを運営するオウケイウェィブに出資したのも、その方針の現れという。「Microsoftが米国以外の企業に出資するのはまれなこと。いかに“知”のデータベースを重要視しているか分かっていただけると思う」(笹本事業部長)

押切もえさん起用した「MSN相談党」キャンペーンも

画像 巨人・野間口貴彦投手との熱愛が報道された押切もえさん。「私も“とうしゅ”(党首)になったと彼に報告しました」と話した

 リニューアルを期に、モデルの押切もえさんなどを起用したキャンペーン「MSN相談党」も始めた。8月31日まで実施する。

 「日本を“緊張”から解放するには?」といった相談党からの質問に対し、ユーザーから解答案を募集。賛成票を最も集めたユーザーには党員グッズをプレゼントする。相談党のブログパーツも公開する。

 押切さんは相談党の“党首”という設定。「仕事環境を向上させより良い日本にします」といったマニュフェストも発表した。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.