ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2008年06月14日 07時43分 UPDATE

米上院反トラスト委員長、GoogleとYahoo!提携に懸念

上院の反トラスト小委員会の委員長が、GoogleとYahoo!提携が独禁法に違反しないかどうかを調査するとコメントした。

[ITmedia]

 米上院の反トラスト小委員会の委員長を務めるハーブ・コール上院議員(ウィスコンシン州選出・民主党)は6月12日、米Googleと米Yahoo!の提携発表を受けて、この提携の内容を綿密に調査すると発表した。

 コール上院議員は「インターネット広告と検索サービス分野で直接競合するテクノロジー大手2社の提携は、競争面で重要な懸念を生んでいる。この提携による広告主と消費者への影響は広範囲に及ぶため、慎重な検討は当然であり、われわれは反トラスト小委員会において、競争とプライバシーに与える影響を詳細に調査する計画だ」と述べた。

関連キーワード

Google | ネット広告 | Yahoo! | 独占禁止法


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.