ニュース
» 2008年06月21日 07時01分 UPDATE

ガソリン代高騰でスタンド検索サイトの訪問数が上昇

昨今のガソリン代高騰のため、少しでも安いスタンドを探そうとするユーザーを反映し、ガソリン価格情報サイトの訪問数が増加している。

[ITmedia]

 調査会社の米comScoreは6月20日、米国の地域別に最もガソリン価格が安いスタンドを紹介するWebサイトGasBuddy Organizationの5月のユニークビジター数が、過去最高の250万人に達したことを明らかにした。

 米国での平均ガソリン価格は徐々に上昇しており、米エネルギー情報局によれば、6月第2週の平均価格は1ガロン当たり4.09ドルと過去最高を記録した。comScoreによると、ガソリン価格とGasBuddyの訪問者数は完全な相関関係にある。

 4月にGasBuddyを訪れたビジターが使用した検索ワードで最も多かったのは「ガソリン価格」を含むものだった。同月、約100万人が「ガソリン価格」を含むフレーズで、173万回の検索を実施したという。この検索回数は前年同月比で175%増となる。

 昨年、ガソリン価格の1カ月の上昇率としては10%増と最も大きな数字を記録した10月から11月にかけて、検索サイトでのガソリン価格の検索が増えた。この検索増で最も恩恵を受けたのがGasBuddyで、「ガソリン価格」を含む検索結果の37%が同サイトへの訪問につながり、訪問数は64万回に上ったとしている。

gas GasBuddy

関連キーワード

ガソリン | 検索


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -