ITmedia NEWS > 科学・テクノロジー >
ニュース
» 2008年06月26日 07時00分 UPDATE

高速ネットを電波天文観測に 日中豪リアルタイムVLBI成功

日本、中国、オーストラリアの電波望遠鏡を高速インターネットで結び、高い分解能で観測する「e-VLBI」実験に成功。

[ITmedia]

 独立行政法人・情報通信研究機構(NICT)は6月25日、日本、中国、オーストラリアの電波望遠鏡を高速インターネットで結び、高い分解能で観測する「e-VLBI」実験に成功したと発表した。

photo

 VLBI(超長基線電波干渉計)は、遠く離れた電波望遠鏡の信号を合成し、分解能を高める技術。電波望遠鏡間の距離が遠いほど分解能は高まる。磁気テープなどに時間情報とともに記録し、各望遠鏡のデータを合成するのが一般的だが、データ輸送の手間やデータ形式の違いなどが多国間のVLBIを実現するための課題になっていた。

 実験は6月17日、NICTとオーストラリア国立電波望遠鏡観測網(ATNF)、中国科学員上海天文台が共同で実施。NICTは、ATNFと上海天文台が使用しているデータ形式「Mk5」にリアルタイム変換して1Gbpsで伝送するソフトを開発。データ形式の違いによる問題を解決した。

 日中豪3カ国間でのリアルタイムe-VLBI観測は初めて。今後、アジア太平洋地域で研究協力が活発化すると期待している。

関連キーワード

望遠鏡 | 電波望遠鏡


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.