ニュース
» 2008年06月28日 08時10分 UPDATE

Office for Mac、最新版でなくてもOpen XMLが編集可能に

Open XML形式の文書をOffice for Macの旧版で開き、編集できるコンバータの最新版がリリースされた。

[ITmedia]

 米MicrosoftのMacintosh Business Unit(Mac BU)は6月24日、「Open XML File Format Converter for Mac」の最新版をリリースした。Office 2008 for MacまたはOffice 2007 for Windowsで作成したOpen XMLファイル形式の文書を変換し、Office for Macの旧版であるOffice 2004 for MacとOffice v. X for Macで開いたり、編集したりすることが可能になる。

 ただしOffice 2004でOpen XML文書をシームレスに読み書きするには、Microsoft Office 2004 for Mac 11.5.0アップデートをダウンロードする必要がある。コンバータは単体でも利用可能だが、11.5アップデートをインストールすると、コンバータを毎回立ち上げなくても.docx、.pptx、.xlsx形式のファイルを即座に開くことができる。またWord、PowerPoint、Excelで作成した文書を保存する際、「名前をつけて保存」のダイアログにこれら別ファイル形式で保存するオプションが表示される。

 またMicrosoftは6月25日、Office 12.1.1アップデートをリリースした。Office 2008 for Mac SP1で報告されている、一部の非常に旧式のファイルをダブルクリックで開けない、Webサイトからダウンロードできないという問題を解決している。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -