ニュース
» 2008年07月04日 21時32分 UPDATE

ニコ動「MAD」削除 ひろゆき氏「問題ない」、小林社長「現時点での妥協点」

いわゆる「MAD動画」を「ニコニコ動画」から削除する方針について、ドワンゴの小林宏社長と、同社子会社ニワンゴ取締役の西村博之(ひろゆき)氏がそれぞれコメントした。

[岡田有花,ITmedia]
画像 小林社長とひろゆき氏

 アニメなどの映像にユーザーが別のコンテンツを加えて編集したいわゆる「MAD動画」を「ニコニコ動画」から削除する方針について、ドワンゴの小林宏社長と、同社子会社ニワンゴ取締役の西村博之(ひろゆき)氏がそれぞれ、7月4日に都内で開いたイベントでコメントした(「ニコニコ動画」でMADも削除 ドワンゴが権利者に申し入れ

 小林社長は「MAD削除は現時点の妥協点だ。MAD自体は、権利者にとってマイナスではなく、プラスになる面が大きい。MADは日本の秀でた1つの新しい文化と考えている」と話す。

 MAD文化を広げていくために同社は、コンテンツホルダーに対して、自由にMADに利用していい“公認素材”を提供してもらえるよう交渉しているという。

 ひろゆき氏は「MADは消してくれと言われた以上消すしかない。だが消すことがそれほど問題とは思っていない。米国ではハリウッドセレブのMADが多いが、日本でタレントを使ったMADはあまりない。ユーザーは、使っちゃダメなものは分かっている。使っちゃダメと言われれば、作らなくなるのではなく、使えるもので作るようになるだけ。使える物を用意して権利をクリアにしたほうがいいのでは」と述べた。

 ニワンゴは同日、動画素材をアップロード・共有するためのサイトとルール「ニコニ・コモンズ」を8月中旬に公開すると発表している(作品利用ルール「ニコニ・コモンズ」、8月中旬から)。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -