ニュース
» 2008年07月11日 07時28分 UPDATE

Yahoo!、独自の検索サービス作れる「Search BOSS」を公開

開発者はBOSSを使って、検索順位を変えたり、検索結果の表示方法を変更するなど、カスタム検索エンジンを構築できる。

[ITmedia]

 米Yahoo!は7月10日、新たなオープンWeb検索プラットフォーム「Yahoo! Search BOSS(Build Your Own Search Service)」のβ版を立ち上げた。

BOSS logo BOSSのロゴ

 Search BOSSでは、開発者がYahoo!の検索技術を利用して、カスタム版の検索エンジンを構築できる。検索結果の表示順位や表示方法を変更できるなど、Yahoo!のアルゴリズム検索インフラをこれまでにないレベルで活用できるとしている。

 Search BOSSはAPIとして提供される。現時点で可能なのは、検索結果の表示順位の変更と、検索結果をほかのWebコンテンツと組み合わせること。Web検索、ニュース検索、画像検索が利用でき、ほかの検索も今後加わる予定。PythonライブラリとUIテンプレートを含む「BOSS Mashup Framework」も提供される。1日のクエリー件数に制限はない。また数カ月以内に、Yahoo!広告ネットワークを利用して収益を得られる仕組みも提供するという。

 既にme.diumHakiaCluuzなど幾つかのWebサイトがBOSSを導入している。

me.dium me.diumのソーシャル検索
Cluuz Cluuzの検索結果

 BOSSはYahoo!のオープンプラットフォーム戦略「Y!OS」の一環。

関連キーワード

Yahoo! | API | 検索エンジン | 広告 | SearchMonkey


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -