ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2008年07月14日 14時32分 UPDATE

Yahoo!、MSとアイカーン氏の合同提案を拒絶

Microsoftが検索事業を、残りをアイカーン氏が買収するという、事実上Yahoo!を解体することになる提案だった。

[ITmedia]

 米Yahoo!は7月12日、米MicrosoftによるYahoo!の検索部門買収を含むMicrosoftとカール・アイカーン氏の合同提案を拒否したことを明らかにした。

 Yahoo!の声明によると、この提案は11日の夕方に同社に届き、対応には24時間以下の猶予しか設けられていなかった。このことからYahoo!は、Microsoftとアイカーン氏は明らかに交渉を望んでいないとしている。

 この提案は、MicrosoftがYahoo!の検索部門を買収し、残りをアイカーン氏が買収するというもので、条件として現在の取締役会と経営陣の交代を求めている。

 Yahoo!の取締役会は、この提案を拒否する理由として、同社が先日Googleと交わした検索広告をめぐる提携の方がこの提案よりも優れており、また提示された買収金額が同社を正しく評価していないこと、経営陣の急な交代は同社の安定性を損なうことなどを挙げている。

 Yahoo!はこの提案を拒否する際、Microsoftに1株33ドル以上での全社買収を再提案しただけでなく、条件を変えた検索部門のみの取引についても提案したが、Microsoftはいずれも受け入れなかったという。

 Yahoo!のロイ・ボストック会長は、「Microsoftとアイカーン氏はYahoo!を解体し、われわれの検索事業をMicrosoftに取り込もうとしている。これは当社の株主にとって不利益だ。Yahoo!にとって何が最良かを決めるのはMicrosoftとアイカーン氏ではなく、株主だ。8月1日の株主総会での投票を楽しみにしている」と述べた。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.