ニュース
» 2008年07月16日 09時47分 UPDATE

機能強化は300種以上:Symantec、Norton 2009のβ版公開

「Norton Internet Security 2009」「Norton AntiVirus 2009」は「ゼロインパクト」が目標。

[ITmedia]

 セキュリティ企業のSymantecは7月15日、個人向けのセキュリティ/ウイルス対策ソフト新版となる「Norton Internet Security 2009」「Norton AntiVirus 2009」のパブリックβを発表した。

 Norton 2009シリーズは「ゼロインパクト」のパフォーマンスを目標として開発された。Norton Insightという新技術により、統計的に信頼できると判断したファイルはスキャンしないなど、スキャンそのものの必要性を低減。ゲームや映画などへの影響を抑えるため、アラートを出さず自動的にアップデートする「サイレントモード」も盛り込んだ。

 機能強化は、スキャンエンジンからユーザーインタフェースまで300種類以上にもなる。「ワンミニッツインストール」や「業界最速」のアップデートをうたい、メモリ消費は最近の競合相手の半分以下に抑えたとしている。

 「Norton Internet Security 2009」「Norton AntiVirus 2009」のβ版は同社サイトからダウンロードできる。日本語版のβも今週中に公開予定。

過去のセキュリティニュース一覧はこちら

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -