ITmedia NEWS > 製品動向 >
ニュース
» 2008年07月17日 07時00分 UPDATE

ソニー、「VAIO」ブランドを再定義

販売が伸びているPC「VAIO」ブランドをソニーが再定義。新たに「知性」を要素に加える。

[ITmedia]

 ソニーは7月16日、PCの「VAIO」ブランドを再定義したと発表した。1996年から使ってきた「Video Audio Integrated Operation」を、新たに「Visual Audio Intelligent Organizer」とし、Intelligence(知性)を要素に加えた。

photo

 これに合わせ、ワイド液晶ディスプレイを搭載したノートPC4機種を順次発売する。ハイビジョン映像の視聴に向くという「type F[FWシリーズ]」や、重さ1.35キロながら13.1インチ液晶を搭載した「type Z」など。

 VAIOシリーズは2007年度に520万台を販売。前年度の400万台から大きく伸ばして増収増益を達成するなど、ソニーのエレクトロニクス事業復活に貢献している。08年度は680万台の販売を見込む。

関連キーワード

ソニー | VAIO | ブランド戦略


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.