ITmedia NEWS > 製品動向 >
ニュース
» 2008年07月24日 07時51分 UPDATE

Texas Memory Systems、RAMベースSSD新製品を発表

Texas Memory Systemsが60万IOPSのRAMベースSSDを発表した。

[ITmedia]

 米Texas Memory Systemsは7月22日、企業向けのRAMベース大容量SSD「RamSan-440」を発売した。

RamSan-440 RamSan-440

 DDR2 RAMを採用、I/O処理性能で60万IOPS(1秒間に60万回の読み書き)を実現し、容量は4Uサイズのラックマウント筐体で256Gバイトまたは512Gバイトから選択可能。

 SSDとしては初めてデータバックアップにRAID化したNANDフラッシュメモリモジュールを採用。「Active Backup」モードでは、システムパフォーマンスに影響を与えずにデータバックアップを実行できるという。また512Gバイトのデータのバックアップまたは復旧にかかる時間はわずか6分としている。

関連キーワード

SSD | バックアップ | NAND


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.