ニュース
» 2008年07月24日 08時30分 UPDATE

深刻度は低レベル:Windows版Safariに脆弱性見つかる

「co.uk」「com.au」など特定の国別ドメインが影響を受けるという。

[ITmedia]

 セキュリティ企業のSecuniaは7月23日、AppleのSafariブラウザに未パッチの脆弱性が見つかったとしてアドバイザリーを公開した。ただし、深刻度はそれほど高くないとみられる。

 この問題は、Webサイトが国別ドメイン用にcookieを設定できるようになっていることに起因するもの。「co.uk」「com.au」など特定の国別ドメインが影響を受けるといい、悪用されるとクロスドメインのcookieを挿入され、セキュリティ制限をかわされてしまう恐れがある。

 脆弱性はWindows版Safari 3.1.2で確認され、ほかのバージョンも影響を受ける可能性がある。Secuniaの深刻度評価は下から2番目に低い「Less critical」となっているが、不審なWebサイトの閲覧や不審なリンクをたどるといったことをしないように注意を促している。

過去のセキュリティニュース一覧はこちら

関連キーワード

Safari | Secunia | 脆弱性 | Windows | Apple


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -