ニュース
» 2008年08月01日 15時35分 UPDATE

任天堂、ゲーム機にホログラフィックストレージ採用か

任天堂がホログラフィックストレージ最大手のInphaseと共同で特許を出願している。

[Chris Preimesberger,eWEEK]
eWEEK

 世界3大ゲーム機メーカーの一角を占める任天堂が、ホログラフィックストレージの開発に多額の資金を投じる準備をしているようだ。

 同社は少し前に、ホログラフィックストレージの特許に共同出願人としてサインした。これは、同社が将来のプロジェクトのための新たなデータ保存方法を模索していることを示している。

 ホログラフィックストレージは、興味深い可能性を秘めた半導体ディスクの分野。だが、市場投入に向けて取り組んでいる企業はわずか数社で、開発は停滞しているようだ。

 ホログラフィックストレージ開発では米Inphase Technologiesが最大手だが、業界関係者によると、同社は最近何度か失敗し、従業員をレイオフしたという。

 Inphaseと任天堂は2007年3月にホログラフィックストレージ特許を共同出願した。この特許は、「アングルマルチプレキシング用の小型の屈曲スキャナ」をホログラフィックストレージの重要なコンポーネントとして使うと説明されている。この特許は2008年2月に米特許商標局が公開した。

 Inphaseは自社のWebサイトで、「ホログラフィックストレージ技術を最初に市場に投入する企業」になることを目指していると述べている。同社はベル研究所からスピンオフした企業。

 「ホログラフを見ると、イメージが見える。さまざまな角度から見ると、さまざまなイメージが見える」と米Micron Technologyのメモリシステム開発責任者ディーン・クライン氏は語る。

 Micronは以前からNOR型およびNAND型のフラッシュメモリを製造しており、ホログラフィックストレージの実現性についてもかなりの研究を行っている。

 「同様に、さまざまな視点から見ることでアクセスできる複数のイメージを格納できる素材がある。この魔法の素材――たいていはリチウムニオブ塩酸と呼ばれる――の結晶があり、3Dの結晶上のさまざまな部分にイメージが保存される。イメージにはレーザースキャナでアクセスする」とクレイン氏は説明する。「単純なプロセスではない。魔法は素材に秘められている」

 「Inphaseは、十分に開発されていない素材を大量に求めている。ホログラフィックストレージの市場投入にかなりの問題を抱えているのではないかと思う」(同氏)

 Vgchartz.comによると、任天堂のWiiは2007年秋以来、市場でナンバーワン。Microsoft(Xbox 360)とソニー(プレイステーション)はそれに続く市場シェアを有している。

関連キーワード

任天堂 | 特許 | ホログラム


原文へのリンク

Editorial items that were originally published in the U.S. Edition of “eWEEK” are the copyrighted property of Ziff Davis Enterprise Inc. Copyright (c) 2011. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -