ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2008年08月19日 07時00分 UPDATE

エリア限定ワンセグを実証実験 読売テレビ・ドコモ・日立

読売テレビやドコモ、日立など5社は、視聴エリアを限定したワンセグ放送の実証実験を行う。

[ITmedia]
画像

 読売テレビ放送、NTTドコモ、日立製作所、日立システムアンドサービス、日立国際電気は8月18日、視聴エリアを限定したワンセグ放送の実証実験を大阪府内で行うと発表した。

 読売テレビ主催のイベント「RUSHBALL2008」(8月30〜31日、泉大津フェニックス)、「わくわく宝島2008」(8月23〜31日、大阪ビジネスパーク一帯)の会場にワンセグ用の実験局を設置。会場でのみ受信できるオリジナル番組を放送する。ワンセグ画面から携帯サイトへの誘導も図る。

 読売テレビは番組制作を担当。RUSHBALL会場ではアーティストのインタビュー番組などを、わくわく宝島会場ではお笑い番組を配信する。NTTドコモはイベント会場にワンセグのタッチ&トライコーナーなどを設置する。両社でワンセグ非サイマル放送と通信を使ったビジネス展開の可能性も探る。

 日立グループの3社はワンセグ放送システムを提供する。わくわく宝島会場では、2カ所に分かれた会場の片方で、IPネットワーク経由でワンセグ放送する新しいアンテナ分岐・拡張方式を導入。会場は高層ビルが立ち並び、1つのアンテナでは電波が伝わりにくいが、IPネットワークを利用することで確実に電波を届け、2カ所同時に放送できるようにする。

 3社は実験を通じてローカル情報発信のプラットフォームを整備し、新サービスの可能性を探るとしている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.