ITmedia NEWS > ネットの話題 >
ニュース
» 2008年08月29日 14時11分 UPDATE

ねとらぼ:「やらせじゃないよ」 mF247落札の様子をニコ動に投稿

「やらせじゃないと分かってもらいたくて……」――クエイクの加藤社長が、「mF247」事業譲渡の優先交渉権を落札する様子を録った動画を、ニコニコ動画に投稿した。

[ITmedia]

 「やらせじゃないということを分かってもらいたくて……」――音楽配信サイト「mF247」事業譲渡の優先交渉権を「Yahoo!オークション」で落札したクエイクの加藤和宏社長がこのほど、オークションに参加する様子を収めた動画を「ニコニコ動画」に投稿した。

 動画タイトルは「mF247を1000万2000円で落札してみた」で、長さは15分。加藤社長やクエイクの社員がヤフオク画面を見つめながら「まだじゃんじゃん上がるんじゃないか」「1000万円はいくだろう」「みんな残り5秒を狙っているんだ」――などと話して盛り上がる様子を写した。

 終了まで残り1分となり「大丈夫かな? マウスの電池」と、電池切れを心配している社員の声も収録。落札が分かった瞬間、加藤社長は「やったー」と万歳。社員も「感動した」「おめでとう」「1000円差だ! すごい」などと言いながら拍手している。

 クエイクは、2ちゃんねる管理人・西村博之(ひろゆき)氏を1000円差でかわして1000万2000円で落札。落札額が高額だったため「いたずらなんじゃないか」「ひろゆき氏とクエイクが知り合いで、落札後にひろゆき氏に譲るつもりなのではないか」と疑う声もネットで上がっていた。

 加藤社長は、落札の様子を動画で公開することで「やらせでは、と疑っているユーザーに本当だと分かってほしかった」という。動画は「入札額が高くなりそうだから、記念に撮影していた」そうだ。「オークションに参加して人生の勝負に出たんです」

 mF247事業譲渡の優先交渉権は、運営元のに・よん・なな・ミュージックが出品。8月末に休止する予定のmF247を同社に代わって運営してくれる人を募り、交渉がまとまれば、mF247のドメインやサイトプログラム、運営マニュアルを落札者に譲渡する――という試みだった。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.