ニュース
» 2008年08月29日 17時37分 UPDATE

スクエニ、テクモに友好的TOB提案 「世界に通用する創造力が魅力」と和田社長

元スター社員からの訴訟や突然の社長交代に揺れるテクモに、スクエニが友好的TOBを提案した。テクモの「世界に通用する創造力」を評価し、「交渉のテーブルに着いてほしい」と求めている。

[岡田有花,ITmedia]
画像 和田社長

 「テクモはすばらしい創造力と広いビジネスラインを持っている。まずは交渉のテーブルに着いてほしい」――スクウェア・エニックス(スクエニ)の和田洋一社長は8月29日、テクモ取締役会に対して「友好的買収に賛同してほしい」と提案した狙いについて、記者会見で説明した。

 和田社長は5月からテクモに対し、「スクエニグループに入ってほしい」と提案し、話し合いを続けてきたという。テクモが訴訟問題を抱え、社長が突然交代するなど情勢が不安定になる中で、「実務的な議論をしてほしい」と今回、取締役会に対する正式な提案に踏み切った。

 提案は「テクモ株の過半数を公開買い付け(TOB)で取得することについて、取締役会で賛同してほしい」という内容。買い付け価格は1株当たり920円(8月28日の終値に30%強のプレミアムを付加)。回答期限は9月4日で、賛同が得られない場合はTOBは行わないとしている。

 取締役会が提案に合意すればTOBを実施し、スクエニは過半数の株式を取得してテクモを傘下に入れる。これまでに買収したタイトーなどと同様、テクモの独立は維持し、ブランドも残す考えだ。

 「日本のゲーム業界は、一時期のような圧倒的な強さはなく、世界で戦える能力のあるところが深く手を組みながら展開していくべき」――和田社長は以前からこう考えていたという。テクモのソフト販売の海外比率は7割といい、グローバルに通用する開発力が魅力。「スクエニグループと合体すれば、さらに大きな成果をあげることができる」と話す。

 和田社長はこれまで、テクモの安田善巳社長(9月1日に辞任予定)と、ゲーム業界のグローバル展開について幅広く議論をしてきたほか、柿原康晴会長(9月1日付けで社長に就任)とは5月から、テクモのスクエニグループ入りについて話し合ってきたという。

 だがテクモ元社員で「DEAD OR ALIVE 4」開発で知られる板垣伴信さんが、同ゲームの成功報酬や慰謝料を求めて同社を提訴したほか、安田社長が辞任を発表するなど、同社をめぐる情勢は不安定に。株価も下がり続けていた。

 「安田社長の辞任で、常勤の取締役は1人しかいなくなる。今までしてきた話がどうなるのか不安になった。柿原会長とはメールベースでやりとりを続けていたが、実務的な議論に移行してほしいと考え、そのきっかけを作りたかった。取締役会で正式に話し合って経営陣に納得してもらい、株主を説得してほしい」

 不安定な情勢の中で一定の方向性を示し、優秀なスタッフをつなぎ止めるのも狙いという。「従業員は会社の価値の源泉。特にゲームのようなクリエイティブコンテンツは1人の天才が作っているように見えるが、実際は完全にチームで作るもの。社員のみなさんに対して早く何らかの方向性を示してもらわないと、チームはすぐに劣化する」

テクモ「検討する」

 テクモはこの提案を受けて同日「現在、対応を検討している。現時点で決定した事実はない」とコメントを発表した。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -