ITmedia NEWS > ネットの話題 >
ニュース
» 2008年09月03日 15時22分 UPDATE

ねとらぼ:「?」の「マジックインキ」でネットお絵描き 発売55周年で「みんなの画用紙」

「?」マークの油性ペン「マジックインキ」が発売から55周年を迎え、カラーのマジックインキでお絵描きできる「みんなの画用紙」サイトが登場した。

[ITmedia]
画像

 大きく「?」のマークが描かれたあの油性ペン「マジックインキ」が今年で発売55周年を迎えた。これを記念し、販売元の寺西化学工業は公式サイトをリニューアル。白いフォームにマジックインキで文字やイラストを描ける「みんなの画用紙」や、マジックインキの歴史をまとめた「マジックインキ誕生物語」が登場した。

 みんなの画用紙では、12色のマジックインキアイコンから1つを選び、白いフォームの上でドラッグして文字やイラストを描ける。ハートやりんごの形をしたスタンプで装飾することもできる。インクがにじんだりかすれたりすることはなく、ペンの太さや濃さは一定だ。

 記者は「ITちゃん」を描いてみたがいきなり失敗。輪郭の線はガタガタで、まゆ毛はハの字になり、笑顔なのに悲しげな表情になってしまった。

画像 マジックインキ誕生物語

 修正したいと思ったが消しゴムのようなツールはなく、最初からやり直すか、失敗した所を塗りつぶすしかなさそう。この緊張感は実際に画用紙にマジックインキで描くときと同じかもしれない。

 完成した作品はメールで送ることができる。受け取ったユーザーはメールに書かれたURLをクリックすると作品を見られる。

 ブログパーツ「みんなのmini画用紙」も公開している。その名の通りみんなの画用紙のミニ版で、小さな画用紙風フォームにマジックインキで描いて楽しめる。

 「マジックインキ誕生物語」では、開発のきっかけや販売の苦労、ヒット商品になるまでの道のりを知ることができる。

 発売当時、日本では速乾性筆記具になじみがなかったため、使用後にキャップを閉める習慣がなく、「ペン先が乾いてかすれた」という苦情が殺到したこともあったという。マジックインキは「使い終わったらキャップを閉めるという1つの文化を作った」そうだ。

関連キーワード

イラスト | ペン | ブログパーツ | ねとらぼ | 文具


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.