ITmedia NEWS > 社会とIT >
ニュース
» 2008年09月04日 07時00分 UPDATE

オンラインストレージ悪用、海賊版ソフト販売の男を逮捕

海賊版ソフトをオンラインストレージにアップロードし、ヤフオクで集客してダウンロード販売していた男が逮捕された。

[ITmedia]

 コンピュータソフトウェア著作権協会(ACCS)によると、福岡県警は9月3日、「Yahoo!オークション」やオンラインストレージサービスを悪用し、無断複製したPC用ソフトを販売したとして、著作権法違反の疑いで栃木県小山市の無職の男(52)を逮捕した。

 調べでは、男は今年4月ごろ、3回にわたり、「Adobe Illustrator 10」など2種類のソフトを無断複製してオンラインストレージにアップロードし、客にダウンロードさせた疑い。

 ヤフオクの出品画面に「引き渡しはDL渡し」などと書いて客を募り、落札者の入金を確認すると、オンラインストレージサービスのURLをメールで伝えていたという。

 出品画面には「これらのソフトは著作権違反を推奨するものではありません。個人で利用する目的以外では使用なさらないでください」などと書いていた。

 県警がサイバーパトロールで男の出品を見つけ、捜査員が身分を隠して実際に購入する「買い受け捜査」で海賊版と確認した。ACCSには4月から5月にかけ、5件の情報が寄せられていたという。

 男は調べに対し「生活費を稼ぐため海賊版を販売を始め、複製元のソフトは、ファイル共有ソフト『Cabos』や『BitTorrent』を通じて入手した」と話しているという。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.