ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2008年09月09日 09時08分 UPDATE

MS、「Get Virtual Now」イベントで新仮想化製品を一挙公開

MicrosoftがVMwareに対抗すべくスタートしたキャンペーンイベントで、自社およびパートナー企業による新仮想化製品を披露した。

[ITmedia]

 米Microsoftが、世界50カ国以上を巡る同社の仮想化製品普及イベント「Get Virtual Now」の米国初日に当たる9月8日、新仮想化製品を一挙公開した。

 30日以内にリリース予定の「System Center Virtual Machine Manager(SCVMM)2008」と「Microsoft Hyper-V Server 2008」を発表するとともに、先週リリースしたばかりの「Microsoft Application Virtualization(App-V)4.5」を披露。また「Windows Server 2008 R2」の「live migration」機能を初めて紹介した。

 SCVMM 2008は仮想マシンを構成、配備し、仮想インフラを中央管理する製品で、Windows Server 2008 Hyper-V、Microsoft Virtual Server 2005 R2、Microsoft Hyper-V Server 2008、VMware Virtual Infrastructure 3のいずれにも対応する。SCVMMは、System Centerスイート製品の一部。

 Microsoft Hyper-V Server 2008はハイパーバイザーベースのサーバ仮想化ソフトウェアで、Web経由で無料で提供される。

 またMicrosoftは、今回のイベントで初めて、Windows Server 2008 R2に搭載予定のlive migration機能をデモした。これはアプリケーションを稼働させたままサーバの移し替えを可能にする機能で、Microsoft Hyper-V Serverの次期バージョンにも搭載される。

 先週リリースしたMicrosoft Application Virtualization 4.5は、これまでSoftGrid Application Virtualizationとして提供されており、Microsoftブランドとしてリリースされるのは今回が初となる。近く一般提供が開始される「Microsoft Desktop Optimization Pack 2008 R2」に含まれる予定。

 またAMD、Hewlett-Packard(HP)、Sun Microsystemsなどが、Microsoftの仮想化製品に対応する新製品や新戦略を発表した。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.