ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2008年09月17日 07時00分 UPDATE

NECとUnisys、6コアXeon搭載ハイエンドサーバを共同開発

NECと米Unisysが6コアXeon搭載ハイエンドサーバを共同開発した。

[ITmedia]

 NECと米Unisysは9月16日、ハイエンドサーバを共同開発したと発表した。両社のグローバル協業による成果の第1弾。

 米Intelが発表した6コアのXeon 7400シリーズを搭載。最大16プロセッサ/96コアまで拡張でき、メインフレーム並みの高い信頼性を持つとしている。

 生産はすべてNECが担当し、両社がそれぞれ販売する。NECは「Express5800/スケーラブルHAサーバ」として製品化し、11月28日から出荷する。「Express5800/A1160」は427万6000円(税別)から。

 NECとUnisysは、2005年10月にグローバル協業を発表していた。

関連キーワード

NEC(日本電気) | Xeon | サーバ | Express5800


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.