ITmedia NEWS > 製品動向 >
ニュース
» 2008年09月17日 08時10分 UPDATE

CrayとMS、お手ごろ「スーパーコンピュータ」発売――2万5000ドルから

Windows HPC Server 2008搭載の「Cray CX1」は、スーパーコンピュータとしては手ごろな2万5000ドルから。

[ITmedia]

 米Crayと米Microsoftは9月16日、Windows HPC Server 2008をプリインストールしたスーパーコンピュータ「Cray CX1」を発売した。2万5000ドルから6万ドル強と、スーパーコンピュータとしては手ごろな価格で、企業や大学での採用を狙う。

cray cx1

 Cray CX1は最高8ノード、16個のIntel Xeonプロセッサ(デュアルまたはクアッドコア)で構成され、1ノード当たりのメモリ容量は64Gバイト、内蔵ストレージは最高4Tバイト。顧客の要求に合わせて、コンピュータ、ストレージ、仮想ブレードを組み合わせて構成できる。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.