ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2008年09月17日 18時48分 UPDATE

ソニー、BRAVIAにコンテンツを配信できるウィジェットSDKを一般に開放

ソニーは「BRAVIA」のコンテンツ配信機能「アプリキャスト」向けウィジェット開発ツールを、個人開発者向けに公開した。

[ITmedia]
画像 ウィジェットの例

 ソニーは9月17日、液晶テレビ「BRAVIA」のコンテンツ配信機能「アプリキャスト」向けウィジェット開発ツール(SDK)を、個人向けに公開した。従来は法人だけに提供していたが、個人でも開発できるようにし、ウィジェットの数や種類を増やす。

 アプリキャストは、ネット接続に対応したBRAVIA向けサービスで、テレビ画面の端で、ネット経由で配信された情報を閲覧できる。これまでに天気予報や占い、カレンダーなどのウィジェットを提供してきた。

 新たに、アプリキャスト向けウィジェットの開発ガイド、API、サンプルアプリ、エミュレーターなどを個人向けに公開した。JavaScriptとXMLベースのウィジェットを、個人開発者が開発できる。Windows XP SP2以降/Vista用。

 個人が開発したウィジェットは、同社が審査した上でアプリキャストで配信する。ウィジェットコンテストも開催。優秀作品に選ばれるとソニー製品がもらえる。募集は来年1月8日まで。

 「ネットワークを介したさまざまなコンテンツを楽しむプラットフォームとして、BRAVIAの機能を充実させていく」としている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.