ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2008年09月27日 07時56分 UPDATE

Microsoft、Hotmailを刷新へ

これまで「フル」と「クラシック」に分かれていたバージョンを統一、ユーザーが選択する必要がなくなる。

[ITmedia]

 米Microsoftは9月26日、Hotmailの新バージョンを近くリリースする予定であることを明らかにした。

 公式ブログによれば、新版ではデザインや色が変更され、従来バージョンよりも見やすくなるという。またこれまで、高機能だがページの読み込みに時間がかかるフルバージョンと、読み込みは速いが一部機能が使えないクラシックバージョンの2種類があったが、これを統合。バージョンを選択する必要がなくなる。

hotmail1
hotmail2 従来のHotmail(フルバージョン、上)と新Hotmail

 アドレス帳もレイアウトが変更される。相手の名前を選択すると、最近その相手から受け取ったメールが表示され、またアドレス帳のページから直接メールを作成、送信できるようになる。

 新規メール作成では、あて先のメールアドレス入力にオートコンプリート機能が適用されたほか、バグが修正され、テキスト編集機能にも改良が加えられた。

 またカレンダーには、アドレス帳に載っている人の誕生日を自動的に表示する機能や、公開カレンダーの統合機能などが追加されるという。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.