ITmedia NEWS > 製品動向 >
ニュース
» 2008年09月29日 18時12分 UPDATE

BlackBerryを「コンシューマーにも」 ドコモ、最上位機「Bold」発売へ

“iPhone包囲網”の一角、BlackBerryの最上位機種「Bold」をドコモが08年度第4四半期に発売する。法人向け中心に販売してきたBlackBerryだが、Boldを弾みにコンシューマーにも拡大していく考えだ。

[ITmedia]
photo

 NTTドコモは9月29日、カナダResearch In Motion(RIM)製スマートフォンの最上位機種「BlackBerry Bold」を2008年度第4四半期に発売すると発表した。価格は未定。高度なセキュリティを生かした法人向けに加え、エンターテインメント機能の強化で一般ユーザーへの販売拡大も目指す。

 ドコモは「スマートフォンを注力分野として戦略的に取り組む」(山田隆持社長)として、現行6機種のラインアップを、09年度には約10機種に拡大したい考えだ。

photo BlackBerry Bold

 「BlackBerry Bold」はHSDPA(最大3.6Mbps)に対応するスマートフォン。2.7インチ(480×320ピクセル)液晶ディスプレイを搭載し、QWERTY配列のキーボードで文字入力、トラックボールで各種のWebブラウザなどの操作が可能だ。

 BlackBerry専用サーバを介することでセキュリティを高める「BlackBerryエンタープライズソリューション」(BES)に対応する一方、個人向けネット接続パッケージ「BlackBerryインターネットサービス」(BIS)にも対応。音楽・動画ファイルの再生が可能で、iTunesと連携して楽曲やプレイリストを管理できる機能なども搭載しており、個人向け機能も強化しているのが特徴だ。

photo “iPhone包囲網”とも呼ばれたBlackBerry新機種をPRする山田社長とRIMのドン・モリソンCOO。発表会後、山田社長はiPhoneについて「Appleファンにはいい端末。Appleファンには行き渡ったのでは」と話し、ドコモによるiPhone販売の可能性については従来通りとしてコメントしなかった。

 ドコモはRIMと組んで2006年9月に「8707h」を国内投入(当初は英語版のみ)。法人向けに販売してきたが、スマートフォン人気の高まりを受けて、今年8月に個人向け販売とBISを開始した。

 Boldのターゲットも法人向けが中心だが、個人向け販売も従来より強化する考え。山田社長は「軸足は法人向けだが、まず法人7に対し個人3、これが6:4くらいになっていければ」と話し、現在はネット中心の販売を今後、ドコモショップや量販店にも広げる計画だ。iモードメールにも「来年のできるだけ早い時期」に対応する方針を明らかにした。

 2007年度の国内携帯電話出荷が5200万台だったのに対し、スマートフォンはそのうち2%程度と少数にとどまっているが、米国では今年第1四半期にスマートフォン比率が17%にまで高まっている。ドコモは国内市場でも普及が進むと予測し、09年度のスマートフォン出荷は150万〜200万台程度に拡大すると見ている。今後、BlackBerryとWindows Mobile端末に加え、Android端末も投入するなどしてラインアップを充実させていく。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.