ITmedia NEWS > 社会とIT >
ニュース
» 2008年09月30日 21時09分 UPDATE

デル製デスクトップPCで発煙事故13件

経産省は、デル製デスクトップPCから発煙する事故が今月までに13件起きていたと発表した。

[ITmedia]

 経済産業省は9月30日、デル製のデスクトップPCから発煙する事故が今月までに13件起きていたと発表した。人的被害はないという。

 該当する製品は03年5月〜04年8月に出荷した「Dimension 2400c」6万台と、03年5月〜04年11月に出荷した「Dimension 4600c」8万7千台。電源ユニットのコネクターのはんだ付け工程でばらつきが生じ、はんだ付けが不十分な部分で電気抵抗が大きくなったのが原因と推定している。

 ただ、発煙の可能性はあるが、熱や火花の影響は電源ユニットのケース内にとどまり、外部への熱による被害が生じる可能性は小さいとしている。

 デルは、不具合が発生した場合は故障した部品を無償交換する。詳細はWebサイトで。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.