ニュース
» 2008年10月02日 10時54分 UPDATE

Google、クリーンエネルギー提案「Clean Energy 2030」を発表

Googleは、石炭、石油、天然ガスによる発電をクリーンエネルギーに置き換えることを提案している。

[ITmedia]

 米Googleは10月1日、2030年までに米国における化石燃料の利用を大幅に減らすための「Clean Energy 2030」案を発表した。

 同社はこの提案で、米エネルギー情報局が予測する2030年のエネルギー利用を以下のように減らすことを目指す。

  • 化石燃料による発電を88%削減
  • 自動車の石油消費を38%削減
  • 輸入原油(現時点で1日1000万バレル)への依存を33%削減
  • 電力セクターの二酸化炭素排出量を95%削減
  • 自家用車による二酸化炭素排出量を38%削減
  • 二酸化炭素総排出量を48%削減

 同社は目標達成のため、電力効率の向上によって電力需要を33%減らし、化石燃料による発電を代替エネルギーに置き換えるとしている。現在、発電の半分が石炭、20%が天然ガス、1.5%が石油によるものだが、石炭と石油による発電のすべて、また天然ガスによる発電の半分を太陽、風力、地熱などの再生エネルギーに置き換えることを提案している。

 自動車セクターに関しては、2030年までに新車販売の90%をプラグインカー(ハイブリッドまたは電気自動車)にすることや、従来型の車の燃料効率の向上などの案を挙げている。

 同社はこれを実現するのに必要なものとして、再生エネルギーや電力効率向上への長期的なコミットメント、研究開発と投資、燃料効率の高い自動車の普及を促進するための政策、プラグイン車向けインフラへの投資などを挙げている。

 Clean Energy 2030には約4兆4000万ドルのコストが掛かるが、5兆4000億ドルの節約が見込めるとGoogleは主張。また、施設建設などにより新たな雇用が生まれるとも述べている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -