ニュース
» 2008年10月10日 20時06分 UPDATE

「ROBO_JAPAN 2008」開幕 ロボット100体以上が大集合

「ROBO_JAPAN 2008」が10月11〜13日にパシフィコ横浜で開かれる。ユニークなロボットが100体以上集合し、実際にロボットと対話したり、触れ合うなどして「ロボットと共存する未来」を感じられるイベントになりそうだ。

[ITmedia]

 「ROBO_JAPAN 2008」(実行委主催)が10月11〜13日、横浜市のパシフィコ横浜で開かれる。本田技研工業のヒューマノイドロボット「ASIMO」や三菱重工業の「wakamaru」など技術の粋を集めたものからトイロボットまで、約100体以上が集合。2足歩行ロボットによる格闘大会「ROBO-ONE」も開かれるなど、イベントのタグライン通りに「人とロボットの近未来を体感する3日間」になりそうだ。

photo 「応援団長」は「僕イケメン」の狩野英孝さん
photo 中の人がいるとしか思えないような滑らかな動きでダンスを披露するASIMO

 「鉄腕アトム」の誕生日だった2003年4月7日をめがける形で2003年までに3回開かれた「ROBODEX」を受け継ぐイベント。生活支援やエンターテインメント、介護など人間に身近なパートナーロボットを中心に、29社と7大学・専門学校、7団体が出展する。

 会場のステージでは、ASIMOのデモンストレーションや千葉工大の変形ロボットの実演などが行われる。ロボットと直接触れあえる「エンタテインメントゾーン」や、先端技術を搭載したロボットが集まる「研究所・大学ゾーン」など、会場各地でさまざまなロボットが披露される。

 同じ会場でROBO-ONEも行われるほか、教育用ロボットを使った工作教室、マイクロソフトの加治佐俊一CTOらが講演するセミナー(高校生以上)も開かれる。

 11〜12日は午前10時〜午後6時、13日は午前10時〜午後5時。当日入場料は大人1500円、中高生1000円、小学生600円。詳細はWebサイトで。

photo wakamaruの後ろの人は「コントローラースーツ」を着装。「闘将ダイモス」のアレのように、自分が動くことでwakamaruを操作できるようになっている。会場ではコントローラースーツを身につけてwakamaruの操縦体験ができるぞ
photo 千葉工大の米田完教授と4足歩行ロボ「HYPERION」
photo もちろんロボットクリエイターの高橋智隆さんも出展。グランドキャニオンをのぼるCMで有名になった小型ロボットも登場

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -