ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2008年10月14日 11時39分 UPDATE

米司法省、AMDとNVIDIAの独禁法違反調査を終了

調査の結果、AMD傘下のATIおよびNVIDIAに対して独禁法違反の申し立ては行われない。

[ITmedia]

 米AMDは10月13日、米司法省が同社に対して行っていた独禁法違反容疑での調査が終了したことを明らかにした。同省はAMDに対して措置を取ることはないという。

 調査の対象となっていたのは、同社傘下のATIのGPUの価格設定とマーケティング慣行。同社は2006年12月に、司法省から独禁法違反の疑いで召喚状を受け取ったことを明らかにした。

 また米NVIDIAもこの日、司法省から受けていた同様の調査が終了したことを明らかにした。同社も2006年12月に同省から召喚状を受け取っている。

関連キーワード

AMD | 独占禁止法 | NVIDIA | ATI | 米司法省 | GPU


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.