ニュース
» 2008年10月16日 09時14分 UPDATE

Linux Foundation、LSB 4.0 βを発表

SDKはLSB 3.0、3.1、3.2、4.0に準拠して構築したアプリケーションに対応するマルチバージョンになっている。

[ITmedia]

 Linux推進団体のLinux Foundationは10月14日、Linux Standard Base(LSB) 4.0のβ版を発表した。

 LSBは、Linuxディストリビューション間の差異を吸収し、Linux対応アプリケーションの互換性を高める目的で規定された標準仕様。基本機能セットのほか、テストスイート、開発環境、サンプル実装、開発者向けドキュメントなどを収録する。

 新バージョンの4.0では、アプリケーションがLSBに準拠しているかどうか判定するテストツール「Linux Application Checker」がアップデートされたほか、シェルスクリプトの互換性をテストする「shell script checker」が追加された。また、SDK(ソフト開発キット)の新版は、LSB 3.0、3.1、3.2、4.0に準拠して構築したアプリケーションに対応するマルチバージョンとなっている。

 LSB 4.0 βはLinux Foundationのサイトからダウンロード可能だ。正式版は今秋中にリリースする予定。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -