ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2008年10月17日 10時51分 UPDATE

AMDの7〜9月期、赤字幅を圧縮

クアッドコアとグラフィックス製品の好調により、損失は6700万ドルまで縮小された。

[ITmedia]

 米AMDは10月16日、第3四半期(7〜9月期)の業績を発表した。売上高は17億7600万ドルと前年同期を14%上回り、純損失は6700万ドル(1株当たり11セント)となった。前年同期は3億9600万ドルの純損失を出していた。

 CPU関連のマイクロプロセッサの売上高は、前年同期比8%増の13億9100万ドル。前期比では26%アップ。粗利益率は、前年同期の37%から51%に上昇、前四半期の41%も上回っている。同社はグラフィックス製品の刷新とクアッドコア製品の堅調を理由として挙げている。

 第4四半期についてAMDでは現在のマクロ経済状況を考慮し、第3四半期からほぼ横ばいの売上高を予想している。

関連キーワード

AMD | 赤字 | 決算 | クアッドコア | 半導体


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.