ニュース
» 2008年10月21日 10時36分 UPDATE

パナソニック、モバイル機器用燃料電池を小型化

パナソニックが小型化したモバイル機器用燃料電池を開発。従来試作品の半分の体積ながら、出力を維持した。

[ITmedia]

 パナソニックは10月20日、小型化したモバイル機器用燃料電池を開発したと発表した。従来の試作品から体積で半分に小型化した上で、出力を維持。ノートPC用と、モバイル機器の充電器用を試作した。

photo ノートPC用

 直接メタノール型。スタック(発電部分)のうち、発電に関係がない部分の構造を見直すなどして不要な体積を削った。2006年に披露した試作品と同じ平均10ワット、高出力リチウムイオン電池との併用時で最大20ワットの出力を維持しながら、体積は270ccと約2分の1に小型化した。

 燃料200ccで約20時間の駆動が可能という。ノートPCに装着するタイプと、さまざまなモバイル機器をUSB経由で充電できるマルチ充電器タイプの2つを試作した。

 10月22日〜24日に開かれる「水素エネルギー先端技術展2008」(北九州市)に参考出展する。

photo マルチ充電器

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -