ニュース
» 2008年10月28日 08時08分 UPDATE

Microsoft、クラウドOS「Windows Azure」を発表

Microsoftが包括的なクラウドサービスプラットフォーム「Azure Service Platform」とその基盤OS「Windows Azure」を発表した。

[ITmedia]

 米Microsoftは10月27日、米カリフォルニア州ロサンゼルスで開催の開発者会議(PDC 2008)において、クラウドサービスプラットフォーム「Azure Service Platform」と、その基盤となるクラウドOS「Windows Azure」を発表した。PDCに参加した開発者に同OSのコミュニティー技術プレビュー(CTP)版が配布された。

azure

 Azure Service PlatformはMicrosoftのデータセンターにホスティングされるクラウドサービスのプラットフォームで、OSと一連の開発者向けサービスで構成される。開発者や企業が、同プラットフォームを活用してアプリケーションやサービスを開発、クラウド環境に配備することを想定している。Microsoft .NET FrameworkやVisual Studioなど既存の技術やスキルを使ってアプリケーションを構築し、ホスティングできる。新規にアプリケーションを構築することも、既存のアプリケーションをクラウド対応に拡張することも可能。サービス料金体系は発表されていないが、Amazon EC2と同様の従量制になるようだ。

 Windows Azureは、Azure Services Platformでサービスを開発、ホスティング、管理するためのOS。HTTP、SOAP、REST、XMLなどの標準プロトコルをサポートしており、 Eclipse、Ruby、PHP、Pythonなどの言語やツールにも対応する。

 Azure Service Platformを構成する主要コンポーネントは、Windows Azure、データベースとリポーティングサービスを提供する「Microsoft SQL Services」、ワークフローやアクセスコントロールなど.NET FrameworkのコンセプトをWebサービス化した「Microsoft .NET Services」、PCや電話、Webサイト間での文書や写真、ファイルなどの共有、保存が可能な「Live Services」、ビジネスコラボレーションやソリューション開発を促進する「Microsoft SharePoint Services」と「Microsoft Dynamics CRM Services」。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -