ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2008年10月30日 07時00分 UPDATE

東芝4〜9月期は235億円の営業赤字 半導体不振で

東芝の上期は235億円の営業赤字に。NANDフラッシュの大幅な価格下落などが響いた。

[ITmedia]

 東芝が10月29日発表した08年4月〜9月期の連結決算(米国会計基準)は、営業損益が235億円の赤字だった。半導体事業を含む電子デバイス部門が不振で、825億円の黒字だった前年同期から大幅に悪化した。

 売上高は5%減の3兆4958億円、税引き前損益は635億円の赤字(前年同期は768億円の黒字)、純損益は385億円の赤字(同457億円の黒字)だった。「予想を上回る急激な半導体価格の下落と、景気減速に伴う市場の縮小の影響を受けた」としている。

 半導体事業を含む電子デバイス部門の営業損益は635億円の赤字で、前年同期から1175億円悪化。家電部門も、照明・空調事業が市場悪化の影響を受け、71億円の営業赤字になった。PCやテレビ、携帯電話を含むデジタルプロダクツ部門は減収増益、発電システムなどを含む社会インフラ部門は増収増益だった。

 通期業績予想は、9月19日に下方修正した際の予想値を据え置いた(東芝、通期業績見通しを大幅下方修正 半導体不振)。

関連キーワード

赤字 | 半導体 | 東芝 | 決算 | NAND | 不況


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.