ニュース
» 2008年10月30日 07時54分 UPDATE

Google、OpenIDへの対応を開始

Windows Live IDに続き、GoogleアカウントでもほかのOpenID対応サイトへログインできるようになる。

[ITmedia]

 米Googleは10月29日、OpenIDへの対応を開始することを明らかにした。同日から実験的に、OpenID向けのAPIを限定公開する。

yu_zoho.jpg Zohoのサインインウィンドウに「Sign In using Google」が追加された

 OpenIDに対応するWebサイトは、OpenIDプロトコルを用いて、Googleアカウントによるログインを認証できるようになる。オンラインオフィススイートを提供するZoho.comでは、Googleアカウントでログインすることが既に可能になっている。

 Googleが限定公開するAPIの初期版は、Googleアカウントユーザーの認証にOpenID 2.0プロトコルを採用しており、オプションでユーザーのメールアドレスを要求できる機能を備える。

 また同社は、OAuthとOpenIDプロトコルを将来的に統合するために、オープンソースコミュニティーと協力し、開発を続けているという。実現すれば、Webサイトは、ユーザーのIDとメールアドレスだけでなく、Google Data APIやPortable Contacts、OpenSocial REST APIなどのOAuth対応のAPI経由で提供されるユーザー情報へのアクセスもリクエストできるようになる。

関連キーワード

OpenID | Google | 認証 | Zoho | OpenSocial


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -