ニュース
» 2008年11月06日 18時57分 UPDATE

イー・モバイル、国内初のHSUPA 上り最大1.4Mbpsに

イー・モバイルが国内事業者として初めてHSUPAに対応。上り速度が最大1.4Mbpsに高速化した通信サービスを料金据え置きで始める。

[ITmedia]

 イー・モバイルは11月6日、国内通信事業者として初めて「HSUPA」に対応したモバイル通信サービスを全国主要地域で開始すると発表した。最大上り速度が従来の384Kbpsから1.4Mbpsに高速化する。対応端末は11月20日から順次発売する。

photo HSUPA対応端末3機種

 HSUPAは、HSDPAの上り速度を高速化した規格。従来のHSDAP端末では利用できず、対応端末が必要になる。下り速度は従来と同じ最大7.2Mbps。

 全国47都道府県のエリアのうち、都市部や人口密集地で順次サービスを始める。料金プランは据え置いた。

 対応端末はUSBスティック型の「D21HW」と「D21LC」、PCカード型「D21NE」の3機種。USBスティック型2機種は11月20日に、D21NEは12月上旬に発売する予定。

関連キーワード

HSUPA | イー・モバイル | HSDPA


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -